2013年05月18日

真・何様ケンダマンの映画評論会B



さて、続いては『真・何様ケンダマンの映画評論会』です。



GWの時に見た3本の映画の感想とケンダマン評価を、何様感丸出しでお送りしたいと思います。

もちろん、ネタバレ注意です!





仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事
 スーパーヒーロー大戦Z


昨年の低評価に闘士を燃やしたかどうかは分かりませんが、今年もスーパーヒーロー大戦のシーズンがやって参りました。
さて、今作はというとですが………、前作より格段に良くなっている!
と言っても、いろいろと残念なところもありましたが、それでも昨年よりかは良くなっていました。
まず、その良かった点ですが、メインとなるヒーローの人数を絞ったことで、それぞれの心情が良く描かれていたところでしょうか?
そういったドラマ的な面での評価は高いものと思われます。
登場する過去ヒーローも全員集合というわけではなく、モチーフに合わせたヒーローごとに集結して戦うという形式を取っていたりと、様々な工夫が施されていたりもしていましたね。
特に宇宙モデルのライダー・戦隊、そして宇宙刑事の画には燃えたぎるものがありました!
続いて、悪かった点を…。
メタルヒーロー、登場した意味なさすぎるww
これまた、あのコソ泥戦隊の力で無理やり登場させた感が否めず、また、それぞれの活躍などありもせず…、正直がっかりの一言…。
出すなら出すで、活躍ぐらいさせましょうね、金田さん!
そして、長官となった一条寺烈が半端なく外道だった点も許しがたいものが…。
「母なる地球」と思うのならば、そんな考えにゃならんだろ〜よ、烈さんよ。
ヒーローたちの本来の立場が失われてしまっている作品でもありました。
総じて、金田作品としては及第点レベルの良作だったと思います。
ヒーロー映画としては楽しめる作品でした!

ケンダマン評価:★★★☆☆




ラスト スタンド (字幕スーパー)

アーノルド・シュワルツェネッガー氏、復活作品!
見ての感想は……、良くぞ戻ったシュワちゃん!といったところ…
いわゆる、これぞシュワちゃん映画でした!
多少なりとも歳をとり、身体的な貫禄も増してはいましたが、その動き、その銃撃、その語り、その表情、そのアクション…すべてがシュワちゃんでしたね。
ストーリーは至って単純なもので、仲間の助けによって警察から逃れた麻薬王が、超高速のスーパーカーでアメリカを縦断…メキシコに逃げちまおう作戦が決行されるものの、行く手を阻んだのが小さな田舎町を守るシュワ保安官(役名ではないww)率いる数名の警察官!その攻防戦を描いた作品となっています。
頭脳戦的な場面も見られ、いつものシュワちゃんアクション+知能を追加した、まさに最強形態に進化した役どころもちょっと面白かったです。
余談ですが、まだ見ていない方…とにかく、必見です!
特にラストのアクションシーンは痺れるものがありますよ〜!
ちなみに、残念ながら字幕での鑑賞となってしまったので、レンタルが始まったら、早速吹き替えで見てみようと思いますww

ケンダマン評価:★★★★★ (文句なし!)




アイアンマン3 (3D吹き替え)

続編は落ちる…
そんな不安を完全否定する作品が、この『アイアンマン3』!
え?『スパイダーマン』?なにそれ?
僕はマーベルヒーローで一番、アイアンマンが好きです。
アメコミヒーローにしては珍しく、顔を隠し、人間臭くなく、それでいてメカメカしいところがお気に入りのポイントですかね?
さて、映画の話ですが、ストーリーは勿論、展開やアクションはシリーズ屈指のクオリティと言っても過言ではないでしょう。
特に、既に話題になっているように、アイアンマン大集合はまさに胸熱な名シーンです!
また、時間設定も『アベンジャーズ』から一年とリアルタイム思考なところも素晴らしいですね。
まあ、神様とか緑の怪物なんかと一緒に戦ったりしたら…そりゃ、アイアンマン依存症になっちまうわな、社長…ww
考えてみると、マーベルヒーローの中では唯一、アイアンマン自体は普通の一般人なんですよね。
ダーマンは特殊な力でああなっちゃったし、ウルヴァリンは改造人間だし…。
社長って、スーツがなきゃ無力すぎる…ww
『アイアンマン』自体の続編は今のところ製作予定はないようですが、『アベンジャーズ』の続編があるということは、当然アイアンマンも登場するということなのでしょうか?
となると、今作の終わり方の意味がいまいち次につながりませんが…果たして?
総じて言うと、カッケェぜ社長!
期待を裏切らないとは、まさにこのことなんでしょうな!
アベンジャーズ2』登場も期待してるぜっ!!

ケンダマン評価:★★★★★ (勿論文句なし!)




みなさんはGWをどうお過ごしだったのでしょうか?

私ケンダマンは、映画以外の用事で外出はしませんでした。
日頃の疲れと若干の体調異変にやられ、残りの日にちは家でゴロゴロしていましたねww

今も死にそうな状態が続いており、まさにウルトラマンガイアの手も借りたい感じです。
そう…「ピンチの連続、そんな時」!みたいな…ww




では、この話題はここまで…続いてがラストの記事となります。
よろしくお願いします!
posted by ケンダマン at 20:17| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

真・何様ケンダマンの映画評論会A


こんにちは、ケンダマンです。



GWです!
連休です!
サラリーマンたちの貴重なシーズンです!


私、ケンダマンもこの連休を充実させるべく、映画館へ直行…

見たかった映画2本を一気見してきましたよ〜!



というわけで、本日は何様なこのコーナー『真・何様ケンダマンの映画評論会』をやっていきたいと思います。

ちなみに、今回の記事にはネタバレが含まれている可能性がありますので、予めご注意ください。


それでは、早速、評論スタート!




映画クレヨンしんちゃん
 ばかうまっ!B級グルメサバイバル!!

GW恒例とも言えるしんちゃんムービーも、今作で第21作目
今回は主にカスカベ防衛隊の活躍が描かれた作品となっています。
弾数を重ねる毎に、シュールな笑いを詰め込む傾向にあるしんちゃん映画…
今作もそんなシュールな笑いが盛り沢山!
マサオくんの素早く鋭いツッコミ…防衛隊の作画崩壊シーン…などなど
予想以上に面白かったですよ〜WW
また、映画ならではのメッセージ性のある感動シーンももちろんあったりと、まさに笑いあり、涙ありの良作でした!
(個人的に特筆すべきは、防衛隊がジャングルの中で身を寄せ合って就寝するシーンは、『〜ブタのヒヅメ大作戦』や『〜嵐を呼ぶジャングル』を彷彿とさせるファン感動のシーン…( ;∀;))
最近のしんちゃん映画の中でも良い評価に値するのではないでしょうか。
そういえば見ていて気づいたんですが、今作では風間くんが物語のサブメインだったように思えました。
亡くなった臼井先生お気に入りのキャラだったとも言われている風間くんですが、そんな先生に対する追悼の意味も込められているのでしょうか?
風間くん、GJ!!
ちなみに、ケンダマンはマサオくんがお気に入りですWW

ケンダマン評価:★★★★☆




ライジング ドラゴン(吹き替え)

ジャッキーが「この作品はアクション超大作出演最後の作品」と宣言した注目のアクション映画。
正直に申し上げましょう。…正直に…
ジャッキー…、これで最後でよかったの?
確かにアクションはそれなりに満載でしたが、お笑い方面に走り過ぎてしまったところがあります。
また、起きる出来事が唐突すぎて、ついていけなくなる場面もチラホラと…
見ていて、「あぁ、一昔前のジャッキーの映画っぽい」という感覚になりましたね。
しかし、ラストに入ると、ジャッキーのカンフーアクションが炸裂!
やっぱりジャッキーはこうでなくちゃと言わんばかりの乱闘シーンが続きます!
ちなみに、女VS女…というカンフー映画お馴染みの構図も楽しめたり…WW
一方で、今作ではジャッキーがちょい悪役よりだったのにも驚きました。
いわゆるお宝泥棒集団の一味という役で、ちょっと新鮮でしたよ。
エンドロールでは、これまたお馴染みのNGシーン集が追加されており、最後までジャッキー色で攻めていた本映画…。なんと、最後の最後にジャッキーから観客へのメッセージが…!
『これが僕にとって最後のアクション超大作』と語った後、『引退ではありません』と付け加え、今後も役者を続けていくことを宣言!
やはり、これからもジャッキーアクションを続けていくことは間違いないようです。
(エクペン3参戦発言がその証拠かな…?)
全体的に物足りない感が否めませんでしたが、それでも今作がジャッキーにとって最後のアクション映画…。
とくと拝見させていただきました!
ジャッキー、ありがとう!そして、これからもよろしく!

ケンダマン評価:★★★☆☆





毎度同じことを言いますが、以上の発言は私の個人的な感想や意見です。

2作品とも素晴らしい映画ですので、機会があれば是非見に行ってみてはいかがでしょうか?




てなわけで、今回はここまで…では!
posted by ケンダマン at 20:57| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

溶鉱炉へのカウントダウン!


先ほどはどーもです!




さて、続いての話題は映画についてです。



遂に来週公開となるラストスタンドで完全復活を遂げる、アクションスター・アーノルド シュワルツェネッガー

そんな彼の今後の主演作について、こんな驚きの情報が飛び込んできました!




・シリーズ最新作『ターミネーター5』…
         シュワちゃん出演の意向?!



シリーズでは『ターミネーター3』で、一旦俳優としてのピリオドを打ったシュワ氏…。

そんな彼が映画界に存在しない中で、『ターミネーター4』が製作・公開され、シュワ版ターミネーターがいない(劇中ではシュワ氏のフェイス部をCGで作り上げたターミネーターが登場)世界が構築されていきました。


そして、今回、俳優業に復帰した彼は…
まさかまさかの『ターミネーター』最新作に出演する意向を示したのです!


さて、この情報はシュワちゃんファンはおろか、アクション映画ファン待望の話題なのですが…
あえて、問題提議をさせていただきたい。




☆シュワ氏の年齢 ≠ ターミネーター=溶鉱炉


シュワ氏は現在65歳

知事として活躍している間に外見的にも歳をとってしまい、お世辞にも「昔のシュワちゃんだ」とは言えない状態になってしまっています。


ここで問題となるのが、物語におけるシュワ氏の役どころ

個人的には、彼がターミネーター役として出演することはもう不可能ではないかと感じています。
それは先ほども述べた通り、外見的年齢の問題があるからです。


さて、ではどうするべきなのでしょうか?


そこで僕は考えました!



◎ターミネーターのモデルとなった人物役

彼(ターミネーター)は一体誰をモデルとして作られたマシンだったのでしょうか?

そうです。
モデルとなった存在が必要なのですww


そこで、今作でのシュワ氏の役どころは、そのターミネーターのモデルとなった人物という役での登場も予想されます。

あ…、これは個人の勝手な想像です。妄想ですww




いずれにしても、シュワ氏が『ターミネーター5』に出演する意向を示している以上、今後の動向が気になるところであります。

さてさて、どうなることやら…。



てなわけで、今回はここまで…では!







PS・次回予告

次週は久々の『ダマコレ』でもやろうかな…と思ってたり

ん〜〜、何を紹介しようかな〜〜
posted by ケンダマン at 22:02| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

映画ネタ3連発!! & 週一更新のお知らせ



こんにちは、ケンダマンです。




今回は映画の最新情報をいくつかお届けした後、来月からの週一更新のお知らせをさせていただきたいと思います。

いろいろな映画情報をできるだけコンパクトにまとめてみました。
映画鑑賞ライフのご参考に…!




・『パイレーツ・オブ・カリビアン』第弾…
 公開日正式決定!!



以前、制作決定とお伝えしました『パイレーツ・オブ・カリビアン』第5弾…。
いよいよ、公開日が発表となりましたよ!

公開日:2015年7月10日

ちなみに、この発表された公開日は全米公開の予定日なので、国内での公開日は今のところ未定となります。

また、出演者に関して、ジャック・スパロウの父親でもあるティーグ・スパロウ役を演じたミュージシャンのキース・リチャーズ氏が浮上しています。
第3弾、第4弾と…2パートに渡り出演を果たしたキース氏!
再びスクリーン復活が予想され、今度はジャックとの共闘シーンも夢ではないかもしれませんよ〜!
 



・『ジュラシックパーク4
 …まさかの制作決定!!



3作品まで制作されたこの大人気恐竜映画シリーズに、まさかの続編制作情報が飛び込んできました!
しかも、今回は3Dでの撮影となる模様です。

脚本は『猿の惑星:創世記』で人気を博したリック・ジャッファ氏とアマンダ・シルバー氏が担当、監督には36歳のコリン・トレボロウ氏が大抜擢されました。
もちろん、製作総指揮を務めるのはあのSF映画の巨匠スティーブン・スピルバーグ氏です!

全米での公開日も2014年6月13日に決定しており、既に撮影・製作が進行しているようですね。

一方で、ストーリーのマンネリ化という不安もあるだけに、今後の動向が気になるところであります。




・『レジェンダリー版ゴジラ
 国内俳優、豪華出演続々…



アメリカ再リメイクとして制作されている3D映画『レジェンダリー版ゴジラ』ですが、キャスティングに関する驚くべき情報が飛び込んできました!

なんと、ハリウッドスターとしても活躍する渡辺謙氏が出演することが決定したのです!
これまで数々のハリウッド映画に出演を果たしているハリウッド界日本代表アクターだけに、今作での活躍も期待されます。
また、初代『ゴジラ』にも出演した宝田明も今作に登場するとの情報も…。
ハリウッドファンのみならず、ゴジラファンにとっても嬉しいニュースですね!

ストーリーやキャラクターに関する情報が一切ない中での、キャスティング発表…。
妄想が膨らんできますな〜。

ちなみに、『キック・アス』のアーロン・テイラー=ジョンソン氏が主演を張るようですよ。
ますます楽しみですな!





〜ブログからのお知らせ〜

明日から4月ということで、お知らせです。
以前も申し上げました通り、来月から私ケンダマンは社会人として生活していくことになってしまいました。
それに併せて、ブログの更新も、恐らく週一と激減してしまう可能性が出てまいりました。
申し訳ありませんが、明日から不定期(週一?)での更新とさせていただきます。

今後とも『別に覚えなくていいブログ』をどうぞよろしくお願いいたします!





てなわけで、今回はここまで…では!

posted by ケンダマン at 13:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

真・何様ケンダマンの映画評論会@



こんにちは、ケンダマンです。




これまで、様々な映画を個人的に評論してきましたが、今回からそんな映画評論トピックスをコーナーとしてやっていきたいと思います。


題して、
真・何様ケンダマンの映画評論会です!!

内容はこれまで通り、私ケンダマンが鑑賞した映画の評論をしていく(なるべくネタバレを避ける形で…)ものですが、あくまで個人的な意見を述べるものですので、お気にならずに…ww


では、早速、やっていきましょう!



先週末に僕は3本の映画を一気見してきました。
今回はそれらの映画の評価及び感想を述べていきたいと思います。
ネタバレ注意です!!)



・ダイ・ハード/ラストデイ(字幕・吹き替え)

ブルース・ウィリス主演の人気シリーズ第5弾です!
ネットなどでの評価を見てみると、非常に低評価であることが伺えます。
大きな原因は、ブルース演じるジョン・マクレーンのキャラクターが変化してしまった点です。
多くの方は、この点に不満を抱かれているのだと思います。
以前の彼ならば、面倒事は大嫌いで、問題が起こると「仕方なく動く」という不良刑事丸出しのキャラでしたが、この映画でのジョンは応戦的と言いますか…、「来るものは拒まない」という性格にシフトしてしまっています。
キャラの変化は、ファンにとっては辛いものなのでしょう。
しかし、僕の中で今回の『ダイ・ハード』はジョンが親として、そして刑事として成長した姿が見られて、逆に良かったと思っています。
アクションこそ、銃撃戦やカーチェイスが多く、ブルースの歳を考えたものになってしまっていましたが、“ダイ・ハード = 不死身”感は衰えない作品でしたね。
また、今作では第1作目『ダイ・ハード』のオマージュとも言うべきシーンもあり、なるほどと考えさせられる映画でもありました。
ちなみに、音楽に注目してみると、なんと…これまた第1作目『ダイ・ハード』の楽曲のアレンジを使用しているなど、私的にグッとくるものがありましたよ〜!

ケンダマン評価:★★★★☆



・シュガー ラッシュ(2D吹き替え)

ディズニーのグラフィックアニメ映画の最新作です。
個人的にディズニーのCGアニメ映画にはハズレはないと以前から思っていましたが、今作もその中の一つに入る、まさに良作でした!
まず、言いたいのは、ヒロインのヴァネロペが可愛すぎるという点です。
吹き替えだったからということもあるとは思いますが、個人的にディズニー映画のヒロインの中で一番好きなヒロイン・キャラになりましたww
ゲームの世界のお話ということもあり、有名タイトルのキャラクターもゲスト出演しています。
ゲームが好きな方なら、誰でも楽しめる映画ですよ。
また、ストーリーも工夫されており、主人公ラルフとヴァネロペの友情だけを描くものではないところも評価すべき点です。
ヒーローとは何か?本当に大切なのは何なのか?…ラルフの葛藤と決意はまさに涙なくしては見ることができませんでした。(おあいにく様、ケンダマンの涙腺は硬いのでNO涙でしたが…ww)
いや〜、ディズニーは本当に安定していて良いですな〜!

ケンダマン評価:★★★★★



・相棒シリーズ X DAY

人気TVドラマ『相棒』のスピンオフムービーです。
今回は捜査一課の伊丹刑事と初登場となるサイバー犯罪対策課の岩月捜査官がコンビとなり、日本経済の裏に隠された最後の日“X DAY”の核心に迫るサスペンス・ストーリーとなっています。
僕は『相棒』の大ファンで、ドラマはもちろん、映画も欠かさず見に行くほど…。
さて、今作の注目は何と言っても、元特命係の神戸尊がスクリーンで復活したという点です。
久々の『相棒』内でのミッチーの姿に、「おっ、待ってましたよ。尊君!」と心の中で叫んでしまいました。
それほど重要な役割ではなかったものの、存在感を十分に出してくれたのではないでしょうか?
また、いたみん(ファン内での伊丹刑事の愛称)と岩月君とのやり取りも必見…。
分かっていても、いたみんネタを突っ込む岩月君には思わず吹いてしまいます。
ストーリーはシリアスなものとなっており、『相棒』独特の雰囲気全開の映画でしたよ。
しかし、ちょっとした難点を上げるならば、『相棒』にとってのターニングポイントになるかと言ったら、そうでもないということでしょうか?
とはいえ、これほどキャラの立った刑事ドラマは近年希に見ないだけに、非常に安心して見ることのできる映画でした!

ケンダマン評価:★★★★☆




以上です。
これらの評価は、本当に個人的なものなので、賛否両論は認めます。
マジで何様だな…ww


てなわけで、今回はここまで…では!
posted by ケンダマン at 14:20| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月28日

SP@・制作決定!カリブの海賊 第五弾!!


こんにちは、ケンダマンです。



さて、明日から検査入院で10日間のお休みをいただくことになっているため、今回は昨日告知した通り、『一瞬だけさよならSP』をやっていきたいと思います!

記事数は全部で3つを予定しています。
楽しんでいってくださいね!



まずは、映画の話題から…


ジョニー・デップが主演する映画『パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン』シリーズ…。

これまで、全4作品が制作されているこの人気シリーズ。
ケンダマンも、サントラを買っちゃうほど大好きな映画です…。

なんと、いよいよ続編となる第5弾の制作が決定したようです!

というのも、この話し…
第4作目である『〜生命の泉』の公開前から既に企画、制作されていたらしく、監督案やキャスト案がにわかに騒がれていました。


そこで、こんな噂が舞い込んできたのです!(2011年6月情報…古っww)


ティム・バートン監督、参加?!

まだ確定した話しではありませんが、もしこれが本当ならば、ジョニー&ティムのゴールデンタッグが『パイレーツ』シリーズで実現します!
ティム・バートン映画でジョニー・デップは切っても切れない関係なので、もしかすると…という可能性がありますね。

実はバートン氏は前作の監督としても、その候補に上がっていました。
しかし、この時は別の監督でということで話が固まり、断念したようです。

これはファンにとっては嬉しいニュースではないでしょうか?


また、他に監督として候補に上がっているのが、『スパイダーマン』のサム・ライミ氏、『ハリーポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン氏など…

大物監督揃いですが、果たして夢のタッグは実現するのでしょうか?


ちなみに、脚本は前作と同じく、テリー・ロッシオ氏だそうです。
前作はちょっと質が落ちた感があっただけに、第5作目に期待したいところでもありますね。


公開は2015年を予定しています。
随分と先の話だな〜ww



というわけで、この話題はここまで…
続いても、お楽しみに!
posted by ケンダマン at 15:01| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

香港が生んだビッグスター、衝撃の参戦!


こんばんは、ケンダマンです。



今回は映画のお話をしたいと思います。

っていうか、最近、映画についての記事が多いような…
まっ、いっかww



記事の鮮度としては少し落ちてしまうのですが(つまり今更感?)、知らない方にとっては衝撃のニュースです!


昨年10月、往年のアクションスターたちが再集結した最強映画エクスペンダブルズ2が公開されました。
また、主演のスタローン氏曰く、既に続編制作に向けて活動中とのこと…
次回作の追加キャラ(アクション俳優)として予想される役者名も続々上がってきていますね。

そんな中、ある一人のアクションスターが出演に対し、名乗りを上げたのです!


香港が生んだ超人気スター・ジャッキー チェン氏です!!


これは彼の最新作である『ライジング・ドラゴン』に関する記者会見の際に、彼自身が出演を明言したのだそう…。
また出演オファーを受けた際、彼は「脇役以上の役どころ」を条件にしたそうで、制作サイドもこれを認可したものとされています。


…ん?
これに対して、ひとつ疑問がわきますね。

チェン氏は前に、「アクションは引退」と宣言していたはずです。

これについて調べたところ、彼はその発言を既に否定・撤回しているようです。
つまり、アクションはこれからも(身体が続く限り)やっていくつもり…ということでしょう。


!!!!!

となると、エクスペンダブルズ3で彼はスタローン・チーム(消耗品集団)の一員として活躍する可能性が濃厚だ、ということになります?!

これはたまらん!

しかも、前作まで登場していたジェット・リーとの共演も再び実現する可能性もあるということです!
(リー氏が続編に登場するかは、まだ未定ですが…)


個人的には大賛成ですが、あのガチムチ勢にジャッキーは少々浮くような気がしますねww
「じゃあ、ジェット・リーもおかしくね?」と思うでしょうが、「あの作品の作風にマッチしている役者は?」と聞かれたら、やっぱりジャッキーよりもジェット・リーなんですよね。

しかも、彼は少しコメディアン体質なアクション俳優でもありますから、それこそあの作風にマッチしないであろう要因なのではないでしょうか?

スタローン氏ら制作サイドは、どうまとめていくつもりなのか…
今後はそれについても、注目していきたいですね。



あああああああ、もう絶対見るわ!
何があっても見るわ!
血ぃ吐いて病院送りになっても見に行くわ!


てなわけで、今回はここまで…では!
posted by ケンダマン at 18:54| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。