2013年02月27日

栄えよ、我が友人の結成バンド! & お知らせ


こんにちは、ケンダマンです。



我が友人・ワッフル改めMeltさんがバンドを結成して、来月で1年半年!

ということで、今回はそのロックバンド【ROST L heart】の紹介をさせていただきます。



ROSTLheartimg.jpg


ROST L heart

2011年9月に結成し、現在も精力的に活動を続けているロックバンドです。


メンバーは3名。
チョコレート人間、ボーカルのTatsu
天才を凌駕する、ドラムのGucci
そして、我が友人・ギターのMelt

結成して間もないとはいえ、来月にはライブを開催するなど、日々活動を活発化させています。


夢はもちろん、メジャーデビュー!

『奏者も、聴衆も共に熱くなれるロックバンド!! 』をスローガンに掲げ、栄光のメジャーロードを突き進めるのか、期待がかかりますよ!


ちなみに、ホームページもあります。
そちらも是非!

『ROST L heart』ホームページ↓↓↓
http://rostlheart.web.fc2.com/



さて、ここでライブスケジュールの告知をさせていただきます。

3月23日㈯に江戸川区平井のライブスペース【Arutobenri】にて、『青春98ライブ』が開催されます。

料金は¥500(ドリンク代別)で、PM6:00開演となります。(開場はPM5:40)

もちろん、ROST L heartも登場予定です!

・曲目
@「カルマ」
A「Road」(オリジナル)
B「CORE PRIDE」
C「風吹く公園」(オリジナル)
D「小さな恋のうた」


他にも多数のバンドグループが参加します。


会場住所:東京都江戸川区平井5-4-14

是非、足を運んで見てくださいね!
きっと、あなたも熱くなれます!
ヒョーーーーーーーーーッ!!!





○ブログからのお知らせ

ここで皆様にお知らせがあります。

来月1日から10日まで、ブログをお休みさせていただくことになりました
理由は、検査入院のためです。
あくまで検査のための入院ですので、どうぞご安心を…ww

そんなわけで、明日は入院前更新としまして、『一瞬だけさよならSP』と題して、全部で3つの記事をあげさせていただきます!
お楽しみに!



てなわけで、今回はここまで…では!
posted by ケンダマン at 16:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

平日なのに、映画三昧!〜鑑賞レポ


こんばんは、ケンダマンです。



本日は仕事なし…お休み…

ということで、映画鑑賞に行ってきました!

その本数は驚愕の4本!

日中4本ぶっ続けで映画鑑賞…
まさに映画三昧な一日でございました。

今回はその鑑賞レポートをお届けしたいと思います。


ここで注意していただきたいことが…
今回の記事には、もしかしたらネタバレと思われる記述があるカモしれません。
「そういうのは嫌だ!」という方は、今すぐご退出願います。


それでは、始めていきます。




・ホビット〜思いがけない冒険〜

ファンタジー映画を代表する『ロード オブ ザ リング』スピンオフ作品です。
個人的には良い作品だったと思いますが、ファン向けに制作された感があり、シリーズ初見という方はついていけないカモしれませんね。
主人公ビルボも過去に登場した人物ですし、魔法使いやエルフ、ドワーフなどの関係性も前作を見ていなければ理解しにくいのではないでしょうか?
物語自体は『ロード オブ ザ リング』の序章に当たるもので、壮大なスケールで、非常に楽しむことができました。
過去キャラも多く登場するなど、懐かしさに浸ることもできましたww

ケンダマン評価:★★★★☆



・ライフ オブ パイ

訳あって動物園の動物たちを船で輸送中に海難事故に遭い、園長の息子パイと一匹のトラとが227日間、共に海上を漂流する神話的サバイバルストーリー。
普通ならありえない人間とトラの共存…
幾度となく迫る死への恐怖…
絶望のどん底に叩きつけられた時、青年とトラはどうするのか?
メッセージ性の強い作品だったと思います。
互いが対立関係にある中で、もし同じ船の上で過ごすことになったら…
そうした差別問題や紛争問題に一石を投じる作品なのかもしれません。
個人的にはそう感じました。
クライマックスのシーンはそれを象徴するものだと思います。
そういった関係にも興味のある方は是非ご覧になってみてください。
きっと何かくるものがありますよ。

ケンダマン評価:★★★★☆



・テッド

ポスターの可愛さに惹かれて、つい見てしまった作品ですww
内容は…とんでもなくハードなものでした!
とりあえず言おう…
「良い子は見ちゃダメ!」
と言いますのも、この作品…下品で反社会的描写が数多く描かれている作品になっています。
突然動き喋るようになったテディベアのテッドと親友のジョン、そしてジョンの恋人ロリーが繰り広げるドタバタコメディー。
最初は強烈でしたが、段々とテディベアの風貌とその言動のギャップに笑いが止まりませんでした。
とても面白かったです。
一応、R15指定ですが、これ…R18にした方がいい気が…ww

ケンダマン評価:★★★☆☆



・ゴーバスターズVSゴーカイジャー

最初は「どれどれ…」と半ば諦めモードで見ていたのですが、中盤からどっこい!
「これは見てよかった」と言える作品でした!
やはり、ゴーカイジャーが登場ということもあってか、豊富なファンサービスカットに涙腺が崩壊しそうになりました。
クライマックスの巨大戦なんか…まさかあんなことが起こるなんて、とww
ここで皆様に注意です。
ストーリーに関しては、おおめに見てあげてください!ww
はい、皆様が想像している通りの物語となっております。
ですから、ご勘弁を…ww
しかし、特撮に関してもさすがと言わんばかりの迫力です!
スーツアクションもさることながら、巨大戦でのミニチュア対戦は圧巻の一言!
ゴーカイジャーの良いところとゴーバスターズの良いところを取った、良作だったと思います!
ちなみに、新戦隊のキョウリュウジャーも登場。
まるで高校の部活動みたいな戦隊で、なんか面白そう…。

ケンダマン評価:★★★★★



以上です。

久々の映画一気見は、いや〜気分がいいですね。
違うジャンルの作品を同日に見るなんて機会、そんなにないですから…

ちなみに、ケンダマン評価はあくまで僕自身の評価で個人的なものです。
どれも良い作品なので、是非見に行ってはいかがでしょうか?


というわけで、今回はここまで…では!
posted by ケンダマン at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月06日

年の初めは秋葉原


こんにちは、ケンダマンです。


お正月も終わりに近づき、いよいよ学校や仕事が始まるという方もいらっしゃると思います。
だから、この週末は貴重な、そう、貴重なお休み期間!


てな訳で、新年早々行ってきました…
特撮イベント&秋葉原!

今回は2回に渡って、イベントレポートと秋葉原探訪(買い物レポ)をお送りしたいと思います。
はい、完全に誰得回ですねww


本日は後者の秋葉原(買い物レポ)です。

早速、今回購入したアイテムをご紹介!

HGヒーローズ 仮面ライダー3 ―俺がお前の最後の希望編―
HGヒーローズ ウルトラマン3 ―悪魔と天使の間に…編―
HDM創絶仮面ライダー ―夢の友情パワー炸裂編―
Figma けいおん! 琴吹紬
PSP専用ソフト 仮面ライダー超クライマックスヒーローズ
・その他、CDもろもろ…



前にこの場で紹介しました、「HGヒーローズシリーズ」や「HDM創絶シリーズ」、超クラヒはさておき…

けいおん! 平沢唯に引き続き、買ってしまいました!

琴吹紬.jpg


Figma けいおん! 琴吹紬!!


うっひょーーーーーい!!
遂にここまで来てしまったか、ケンダマン…
軽音楽部メンバーコンプ計画が始動(自分の中で)してしまいました!

本当はアズニャンこと中野梓を手に入れたかったのですが、タイミングの問題か、いずれのお店にも置いてなく、そこにあったたくあんムギを購入!
画して、メンバー全員を集めなければならなくなってしまったのです。(自分の中で、勝手に)

一つ買うとまた買いたくなる…
自然現象か、はたまた何かの力が働くのか…
『けいおん!』大好きーケンダマンはまたも、コレクター精神をフルスロットルしてしまうのであった。

まだ開封していないのですが、いずれ撮影会開いて、「ダマコレ」コーナーで紹介できればと思っています。
でへへ〜〜ww


何はともあれ、欲しいライダー・ウルトラ関連グッズも手に入れることができましたし、4月までほとんどフリーなので、遊べ尽くせそうです。

お仕事されている皆さん、先生のつまらない話を聞いている学生さん方…
本当お疲れ様です!ww


てなわけで、今回はここまで…
次回も休日ウハウハ話をしたいと思います。
よろしくお願いいたします!
…では!
posted by ケンダマン at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

魂のムービー大戦!監督、ありがとう!!


こんばんは、ケンダマンです。


監督! 坂本監督!
あなたはどうしてそこまでやってくれるのでしょうか?


というわけで、この休日を利用して、今日は待ちに待った仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタムを鑑賞してきました!

ネタバレになってしまうと何かと問題があるため、不快にならない程度に発言したいと思います。


さて、今作の見所といたしましては、主に4つあります。

・役者たちの爽快アクション
なでしこ、大活躍!
・怒涛のラストバトル
・巧みなストーリー構成

総じて言えることは、坂本監督の見事な演出が光った作品だった…ということです。


ギリなところを言えば、登場したキャラクター(役者)ほぼ全員にアクションシーンが与えられていたり、なでしこが長時間フィーバーしていたり、最後にフォーゼがあんなことになってしまったり、思わず「そう来たかぁ」と関心させられるサプライズ・ストーリー構成が組まれていたり…。
上げればキリがありません!

とにかく、ライダーを見ているというよりも、坂本監督のを見ているようで、とてもエキサイティングでアルティメイタムな映画でした!
もう、ライダー映画は毎回坂本さんが監督すればいいんじゃないのカナ?ww


でも、やっぱり…
なでしこ最高〜〜っ!
と叫びたくなるのは、僕だけ…?


まだ見ていないという方、特撮に興味ねーよという方…
ズバリ言います。
これはライダー映画である前に、アクション映画です!

「へぇ」と少しでも心が揺れ動いたあなた…
見ましょう。


というわけで、今回はここまで…では!



PS. インガの巨乳も拝めますよ〜ww
posted by ケンダマン at 23:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ケンダマン in NAKANO !


こんばんは、ケンダマンです!


今日は休みだったので、久々に中野へ遊びに行ってきました。

目的はただ一つ…
ブロードウェイグッズを買いあさること!


そして、手に入れたのは…
@S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド
Afigma けいおん! 平沢唯
BPSP専用ソフト らき☆すた ネットアイドル〜以下略
CCD 放課後ティータイム アルバムU
DCD らじおん!Vol.1
E漫画 けいおん!ハイスクール
F漫画 これゾン 新巻



いや〜〜、ホックホクで幸せですな!
久々の中野だったので、つい腕がなってしまいました。

それにしても、これまで随分と悩んできた「けいおん!」フィギュア購入計画でしたが、今回、遂に入手してしまいました。
前にどこかで紹介したfigma けいおん! 平沢唯がそれですね。
中古で若干外箱が痛んでいましたが、それはご愛嬌!
「遂に手を出しちまったぜ」という感じでしたが、そんなこと何のその!
我が中野探訪に一片の悔いなし!

セットで買ったS.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイドと共に、これからどうしてやろうか、今から非常に楽しみですww
近いうちに、「ダマコレ」のコーナーで自慢してやろうかな?ww


てなわけで、今回は僕のプライベートなお話しで終わらせていただきます…では!
posted by ケンダマン at 20:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

筋肉だらけのお祭り騒ぎ!


先程はど〜もです。


今日は前々から見たいと思っていたアクションスターお祭り映画『エクスペンダブルズ2』を見てきました。

expendables2_japan.jpg


いや〜、何と言いましょうか?
とてつもなく凄い映画でしたね。
ネタバレになるとあれなので、ストーリーに関する発言は避けますが、とにかくマッスル感満載な映画でした。

特筆すべきはシュワちゃんの映画本格参加というビッグイベント!
『ターミネーター』シリーズや『コマンドー』などでおなじみのシュワルツェネッガー氏ですが、一時カルフォルニア州知事として活動していたため、俳優業を中断していたということでも有名です。
そして、今回久々のスクリーン復帰!
昔と変わらず堂々としたアクションに、まさに「シュワちゃんが“戻ってきた”ぜ!」といった感想!

日本の映画俳優も素晴らしいですが、今作のようなハリウッドで活躍する往年のアクションスターたちもカッコいいですね!
その上、ファンの心を鷲掴みにするような、堪らないセリフを普通に言ってくるところもハリウッドならでは…。

あの面子の中で僕が好きなアクションスターは、ジェット・リーですかね。
もちろん、彼のカンフーアクションも今回の見どころの一つ…。

総じて、アクション映画が好きな方なら、誰もが燃える映画だと思います。
そして、この筋肉祭りは次回作も見据えていたり…ww

あ〜〜、もう一回、次は字幕で見てみようかな?


という訳で、今回はここまで…では!
posted by ケンダマン at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

実は野球好き


こんにちは、永遠の二軍投手…ケンダマンです。

とまぁ、そんなことはいいとして、昨日、西武ドームにて野球観戦をしてまいりました。
対戦カードは西武ライオンズVS楽天イーグルス

ここ最近は気温の方もだいぶ落ち着き、過ごしやすい日が続いていますが、夜はさすがに肌寒い…。
昨日はナイターでの試合を見に行ったので、寒い寒いww

しかしながら、ドーム内は物凄い熱気!
各球団の応援歌が轟轟と鳴り響きます!
一応、野球好きな僕ですが、野球に関する知識は本当に基本的なものだけで、最近の野球事情などまったく知らず…
家ではあまりテレビで野球を見たりすることがないのですが、やっぱり生で見ると最高に楽しいですね。

試合結果は3-2でホームである西武が惜しくも敗退…。でも、なかなかいい試合でしたよ。
あ、ちなみに僕はヤクルトスワローズファンです。

ここ一年間、野球観戦をする機会が増えてきたため、僕自身、野球話もできる特撮オタクに生まれ変われる気がしていますが、これいかに…w
クライマックスシリーズも気になるので、ヤクルトがクライマックス進出したら見に行きたいですな。

てなわけで、今回は近況報告でした。
今日また、更新するカモです…では!
posted by ケンダマン at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

友情に、壁はない


こんばんは、ケンダマンです。

一昨日、レイトショーにて『最強のふたり』という映画を見ました。

ジャンルはヒューマンドラマなのですが、心温まる良い映画だったと思います。

全身麻痺という難病を抱えたリッチな中年男性と、複雑な家庭で育った不良の若者との友情の物語で、笑いあり涙ありの…まさに“最強”の映画でしたよ。
年齢の差、貧富の差、そして障害の有無…それらを超える切っても切れない友情の糸は、美しいの一言です…。
みなさんも是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

さて、今回は珍しくここまでww
久々に特撮でもアクションものでもない映画を見て、心が洗われる気分になったので、これはと思い、ご紹介しました。
ネタバレ…じゃないよね、今の?

…では!
posted by ケンダマン at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

アメコミヒーロー、恐るべし!


こんばんは、ケンダマンです。

昨日、僕は今話題のハリウッド式特撮ヒーロー映画『アベンジャーズを見てきました。なので、今回はこの映画についての話題(感想)です。

08745dd8.jpg


正直、僕は『アイアンマン』と『ハルク』以外見たことがなかったので、『アベンジャーズ』自体楽しめるのかどうかが不安でした。
しかし、鑑賞後の僕の心の中はホックホク、まさに「ヒーロー映画を見たっ」という満足感を得ることができました。

それぞれの作品のヒーローたちが自らの思いを相手にぶつけ、対立しながらも、最後は人類のために心を一つにして敵に立ち向かうというのは、日本の特撮映画のテーマと共通しているんですね。

しかしながら、ハリウッドの映像技術の高さは計り知れないところがあります。
ライダー映画やウルトラ映画とは比べ物にならないほど洗練されたCG技術は、まさに神の領域
さらに王道にとらわれず、それぞれのヒーローたちの見せ場を存分に盛り込むというファンサービス満載のストーリー展開!それでいて、初見者でも熱くなれる不思議な感覚!
やること全てが巧すぎます!
前述の通り、僕はアイアンマンとハルク以外は見たことがありません。ですが、各キャラクターの説明も劇中内でキチンとされていたので、僕ら初心者にとっては嬉しい配慮でした。
総じて、『アベンジャーズ』は今夏一番の映画と言っても過言ではないでしょう。

登場した6人の中では、僕は個人的にはアイアンマン推しです。
やはり、ロボットやレーザーやミサイルは男のロマンそのものなのでしょうな。
しかも、あの6人の中で一番ヒーローっぽいキャラはアイアンマンですし、キャラデザもカッコ良く、現代科学技術で開発できそうな感漂うシンプルさも魅力です。

映画のキャッチコピーにもありましたが、あの中で最強のヒーローは誰なんでしょうかね?
常識的に言ってアイアンマンって気がしますが、冷静になって考えてみると、一番はやはりソーではないでしょうか?
だって彼は神様ですし…神=無敵・最強というイメージがありますからね。
そういえば、『特撮ニュータイプ』という雑誌の中で、『アベンジャーズ』監督ジョス・ウェドン氏との対談レポがあったんですが、その中でファンから「ソーが弱すぎる」という意見が多数寄せられたとかなんとか…。
僕は『マイティ・ソー』を見たことがないので、よく分かりませんが、みなさんはソー思い…あ、いや、そう思いますか? ←言いたかっただけ

そんな『アベンジャーズ』ですが、既に続編の製作も決定したとのこと!やっぱりね…。
監督は同じくジョス氏。
しかも、噂によれば、次回作でスパイダーマンダークナイトウルヴァリンが参戦するとかしないとか…!
キタコレ、ハリウッド三大ヒーロー
もし、これが本当ならば、今作を抜く大大大ヒットになることは間違いないでしょうね?

ま、どっから流れてきたのか分からないただの噂なんで、可能性は5分ってとこでしょうけど…これ、ありえなくもない話ではないでしょうか?
逆に言い換えれば、今作で何故この3人が登場しなかったのかです。
それは時期とタイミングだと考えられます…。
スパイダーマンはちょうど世代交代(リメイク)という大きな転換期だったため、映画『アメイジング・スパイダーマン』の評価を見てからでないと何とも言えず、登場を断念した可能性があります。
ダークナイトは事実上のラスト作品である『ダークナイト・ライジング』が公開されたばかりで、この直後の今作に登場するということ自体タブーだった可能性です。
そして、ウルヴァリンはいわゆるX―メンという組織の中で活動していおり、単独での登場には違和感があったために断念した可能性があります。
いずれにしても、次回作に期待がかかりますね。

あ〜あ、こうなりゃ日本の特撮ヒーローとのコラボ作品も見てみたいところなんですけどねぇ。しかもハリウッド式でww
ま、そんなことも夢見つつ、今回はここまでとしましょう。
…では!
posted by ケンダマン at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

俺も劇場で宇宙キターーーーーーーッ!!


こんにちは、ケンダマンです。

昨日、今話題の映画『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!』『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!』をレイトショーで見てきました。
今回はその映画についての鑑賞レポートをお届けしたいと思います。
てか、レイトショーで特撮とか…なかなか珍しいですね。
おかげで、見ているお客さんの中に子供は一人もいなく、最早、劇場内は大きなお友達のたまり場と化していました。いや〜、実にいいことですWW

ちなみに今回の記事も、ネタバレ満載となっておりますので、予めご了承ください。

b1d5611febe49d643de12f7523779e48.jpg


さて、例の如く最初に上映されたのは映画『ゴーバスターズ』!
正直、ゴーバスターズ自体、リアルタイムで見たことがなかったので、どこまで楽しめるのかという若干の不安はありました。
ですが、いざ始まってみると、さすがと言わんばかりの激熱感でしたね。

今作の良かった点は、特撮技術が一段と向上していたところだと思います。特に、巨大ロボの市街地戦には驚かされました。
市街地のセットは過去作よりもより緻密で広域化されており、ロボットの巨大感を出すためのカメラアングルの工夫もされて非常に迫力がありました。
特筆すべきは、ロボットの発進シーン!ロボットたちが待機する格納庫までもを見事に再現し、まるでロボットがそこにいるかのような、計算しつくされたクオリティの高さが半端なくカッコ良かったです!
言うなれば、戦隊版メカゴジラ格納庫シーンでしょうか。
『ゴーカイジャー』までのロボット大戦は、正直、マンネリ感が否めませんでしたが、35周年後の新たなステージということもあってか、ガラリと作風が変わったように思えます。

そもそも、戦隊がエネルギー管理局特命部という一つの組織であること自体、珍しいと思うんですが…気のせいでしょうか?『デカレンジャー』以来の試みですかな?
勿論、ゴーバスターズのアクションも見事!キレのあるアクティブな戦法は、前作よりもパワーアップしているようにも感じられました。

enetan-20120719-172441.jpg


また、カエル型バディロボの声は誰が担当していたか気になってたんですが、まさかの辻希美さんだったなんて…。普通に声優かと思ったわい。
あとニックが野原ひろしなのにはワロタWW

2日前に、シアターGロッソで「ゴーバスターズショー」を見たばかりなので、物語もスッと入ってきました。…ホント、いい時にGロッソに行って良かった。
これを機に『ゴーバスターズ』を一から見たくなった、そんな作品でした。

61rT-cz3PCL.jpg


『ゴーバスターズ』のエンドロールが終わり、いよいよ次は映画『仮面ライダーフォーゼ』です!
今作の見どころはキョーダインの復活…と思っていましたが、違いました。…それは、弦太郎たち天高の友情と絆です!
一番驚いたのは、ムービー大戦の話しを引き継ぎながらも、それとは全く違う感動を与えてくれた点にあります。
ムービー大戦のお話は、ライダー部内での友情物語でしたが、今回は部を飛び出し、部に関わってきた人々との友情をクライマックスに描いたストーリー展開で、鳥肌が総立ちしました!
特に印象的だったのが、弦太郎たちの危機を救うべく、最強の力・フュージョンスイッチを生み出すために部員たちがあちこちへ駆け回るというくだり…。
今までTVシリーズに出演してきたメンバーを総出演させ、それぞれにスイッチを渡す。生徒から先生、そして理事長にまで…。それは、善悪という境界線を越えただけでなく、世代を超えた友情を感じさせる見事な演出だったと言えましょう。40個のスイッチがそれぞれの手に渡り、カウントダウン後にスイッチを押す!そして始まる“40”のスイッチオンカット!ライダー記念作としての“40学園全体の友情の“40…それらが融合しあう時、新たな力が誕生する…「メテオフュージョン」!
様々な意味合いが込められたこのシーンは、僕にとって特撮を見てきて良かったと、改めて思わせてくれたものとなりました。

G20120526003329050_view.jpg


さて、今度はキョーダインについてですが、これは正直、予想外でした。
僕的には、最後の最後でキョーダインが仲間になってフォーゼたちと共闘するのかとばかり思っていましたが、まさかのラスボスだったとは…。
しかも、原作の『キョーダイン』では悪役ポジションだったブラックナイトが、本当は味方だったなんて…。
正邪逆転とはまさにこのこと!
予想を裏切る展開に少々戸惑いましたが、まあ、これはこれでありな気もします。ただ、新旧の宇宙ヒーローが勝敗を決める、というのって…どうなんでしょうかね?
この問題に関しては、賛否両論あるようですが…。

アクションも充実した作品でした!
まず、フォーゼのアクションですが、40個すべてのスイッチを使用する超スピーディバトルが展開されます。しかも、ステイツチェンジしてのスイッチチェンジは圧巻!マグネットステイツにランチャーとガトリングって…火力ヤバすぎ…。
てか、高岩成二さんは本当に凄い方なんですね!確かに、ワイヤーを使ってのアクションが目立っていたため、大して動いてなさそうに見えますが、それにしてもあの尺の間に、バイクアクション生身でのアクションなど、あれだけのアクションをやるというのは相当大変ですよ。…経験者は語る。
それに、フォーゼ・メテオフュージョン…。あれもまさに拍手喝采ものです!まるでメテオ(永徳さん)が乗り移ったかのように、メテオとフォーゼのアクションを交互に使い分けるあのアクション技術は、さすが、“歩く仮面ライダー”の異名を持つ男と言えましょう!
また、意外にビックリしたのが、インガ・ブリンク役の原幹恵さんによるアクション。
女性で、しかもゲスト出演ということもあり、最初は舐めていたんですが、動きにキレがあるは、あれだけ超尺なアクションをこなすは…あの身体のどこにそんなスタミナが隠されているのか、不思議で仕方ありませんでした。
演技力は…まぁ、御愛嬌なんですがね。
でも、それ以前に彼女のボインが気になっちゃうのは…映画を見たどの男連中も一緒なんでしょうなWW

さらに、あっと驚くサプライズもありました。
弦太郎が着ていたオレンジ色の宇宙服(?)の左腕のワッペンのスイッチナンバーが「S1(=なでしこ)」だったこと。
ライダー部が乗った宇宙船が、ムービー大戦時に財団X・レム カンナギ(超銀河王)が乗っていた宇宙船と同類種だったこと。
ムービー大戦を黒歴史にせずに、単独映画でそれらについて触れてくれている…。制作スタッフのライダー愛を存分に感じることができました。ファンのことを第一に考えてくれて、嬉しい限りです。
なでしこ自体は出なかったものの、弦太郎がなでしこを忘れずにいてくれたことだけで十分です!

また、次回作のライダー登場も毎年恒例。仮面ライダーウィザードの登場シーンですが、今年は若干早めの参上でしたね。
色々な能力があり、これまた次回作が楽しみになりました。BGMがクソカッコ良かったです!

フォーゼ・メテオの活躍、ライダー部・天高生との絆、そしてライダーファンに贈る最高傑作…最近見たライダー映画の中で、これ程までに感動したのは久しぶりでした!
ありがとう、フォーゼ!ありがとう、仮面ライダー!


総合的に見て、今作は文句なしの120点満点!もう一度見たくなる、そんな映画となっていました。
ライダー・戦隊のそれぞれが記念イヤーを迎え、より一層パワーアップしたヒーローたちが、妥協することなくどこまでも突き進んでいく。それは、物語内のヒーローだけではなく、映画製作に携わったスタッフの皆さんも一人ひとりヒーローとなり、この作品を作り出したものだと思います。
これからも、子どもたちに希望勇気を、そして我々大きなお友達を楽しませてくれる作品を作り続けてほしい…そう願っています。

さて、今日はここまでとしましょう。
…では!
posted by ケンダマン at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。