2012年09月28日

2013年の新戦隊はまんま…&『なぢぇみてるんでず!』再来


ここで、これまで入っているほぼ確定したネタバレ情報をお伝えいたしましょう。

まず、2013年より放送が開始される新スーパー戦隊のタイトルが確定しました。
その名も『獣電戦隊キョウリュウジャー』!
…って、マジか?!
え、いや…そ、そうですか。
まぁ、その名の通り、今回は恐竜をモチーフにした戦隊らしいです。
恐竜の戦隊というと、『恐竜戦隊ジューレンジャー』や『爆竜戦隊アバレンジャー』がありましたが、よくよく調べてみると、どれも10年おきに放送されたものであることが判明…
今回のキョウリュウジャーもアバレンの放送開始からほぼ10年後なので、もしかすると、この周期は今後も続いていくのでしょうか?
まさに、スーパー戦隊のディケイドですな。
それにしても…キョウリュウジャーって…wwぶっ飛びすぎと言いますか…これは確定でいいんですよね?
だとすると、妙にその全貌が知りたくなりますが…。
ま、次の情報公開まで気長に待ちましょう。

そして、次は『仮面ライダー超クライマックスヒーローズ』についてです。
次なる本人ボイス情報が上がって参りました。
今度のゲストは天野浩成さん!
言わずと知れた仮面ライダーギャレン=橘さんでございます。
天野さんは『ライダージェネレーション2』に引き続いての参加となりますね。
ということは、ブレイド、カリス、ギャレンの3人すべてがオリジナルキャストとなります。
ほんと…この優遇されすぎ度!でも、いい仕事してます、バンダイナムコのみなさんw
また、システムの新情報なのですが、恒例のカスタムサントラに新機能を搭載したとのこと…。
それは…フォームごとに音楽をカスタムすることが可能になったのです!
今までは各ライダーごとのみ(戦闘時とクライマックスタイム時)カスタムが可能だったところを、今回はさらに各フォームにまでサントラ割り当てを拡大!
音楽にもフォームごとのテーマ曲があるので、これは本当にうれしい追加機能ですね!
開発部の方によると、今後も登場ライダーやオリジナルキャストを追加していくとのこと。
いや〜、発売日が楽しみになって参りましたよ〜(^_^)/

というわけで、今回は本当にここまで…では!
posted by ケンダマン at 22:38| Comment(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“最大級”から“究極”へ!冬のライダームービー


こんばんは、ケンダマンです。

とうとう毎年恒例のライダー映画・ムービー大戦の情報が上がってきました!
今回のタイトルは
仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ・MOVIE大戦アルティメイタムだそうです。
メガマックス=最大級からアルティメイタム=究極への進化…この先を無視した大胆なサブタイですなww

今作も前作のようにアクションたっぷり、熱い名シーンたっぷりの良作を期待したいところですが、今回、再び坂本浩一監督がメガフォンを握るらしいので、まずそこらへんは安心してよいのではないでしょうか?

嬉しいのは、今回も驚くべきゲストキャラクターが登場するということ…。(※ネタバレ注意)
8月に公開された『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE〜』には、昭和のトンガリ頭ヒーローのキョーダインが登場しましたが、その路線に乗っかってか否か…なんと、
美少女仮面ポワトリンが登場するというのです!
と言いたいところなんですが、……ポワトリン…だれ?ww

ということで、早速ググってみたところ、1990年1月から約1年間放送された特撮テレビ番組のヒロインだったことが判明…
番組タイトルもその名の通り、『美少女仮面ポワトリン』。
東映不思議コメディーシリーズと呼ばれるものの第11作目の番組で、魔法の呪文で戦う魔女っ子(?)ヒロインだそうです。

…っ!

そうです!魔法ということで、ウィザードとの対決、もしくは共闘につながるゲストキャラなのです!
東映もまたマニアックなキャラクターをチョイスしてきましたね…。

そしてさらに、嬉しい、特に俺得なゲストキャラも登場確定だとか…。
仮面ライダーなでしこ、再来!
あ、もうやばい。これ、見に行くだろ。絶対。
そしてそして、劇場版フォーゼにも登場した
女戦闘員インガ・ブリンクも参戦!
フォーゼの優遇さにワロてしまうわぁ。

これらがストーリーにどう絡んでいくのかは、まだ不明ですが、この時点で本作の期待度は既にマックスになったような気がします。
また情報が上がり次第、ネタバレ関係なくアップしていきます。

今回はここまで…では!
posted by ケンダマン at 21:55| Comment(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

実は野球好き


こんにちは、永遠の二軍投手…ケンダマンです。

とまぁ、そんなことはいいとして、昨日、西武ドームにて野球観戦をしてまいりました。
対戦カードは西武ライオンズVS楽天イーグルス

ここ最近は気温の方もだいぶ落ち着き、過ごしやすい日が続いていますが、夜はさすがに肌寒い…。
昨日はナイターでの試合を見に行ったので、寒い寒いww

しかしながら、ドーム内は物凄い熱気!
各球団の応援歌が轟轟と鳴り響きます!
一応、野球好きな僕ですが、野球に関する知識は本当に基本的なものだけで、最近の野球事情などまったく知らず…
家ではあまりテレビで野球を見たりすることがないのですが、やっぱり生で見ると最高に楽しいですね。

試合結果は3-2でホームである西武が惜しくも敗退…。でも、なかなかいい試合でしたよ。
あ、ちなみに僕はヤクルトスワローズファンです。

ここ一年間、野球観戦をする機会が増えてきたため、僕自身、野球話もできる特撮オタクに生まれ変われる気がしていますが、これいかに…w
クライマックスシリーズも気になるので、ヤクルトがクライマックス進出したら見に行きたいですな。

てなわけで、今回は近況報告でした。
今日また、更新するカモです…では!
posted by ケンダマン at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

“超”と書いて“スーパー”と読む! クラヒ最新作、登場


こんばんは、ケンダマンです。

前回の最後に書きましたが、バンダイナムコゲームスより「仮面ライダー クライマックスヒーローズ」シリーズの最新作『仮面ライダー 超クライマックスヒーローズ』が11月下旬に発売されます。
今回はその超クラヒの最新情報をご紹介したいと思います!

main.jpg


今回のポイントは主に3つになります。

まず、1つ目は仮面ライダーウィザードを始めとした多くの未登場ライダーが追加されたということ…。
今回追加されるライダーは次の通り⇓⇓⇓

ウィザードメテオエターナルサガサソード轟鬼カリスギルス

ウィザードとメテオはまあいいとして、今回は各番組の物語において、とても重要なライダーたちが追加されていますね。
例えば、エターナル…。Wシリーズのスピンオフでは主役として活躍しただけあり、やはりクラヒ参戦と来ました。
さらに注目すべきは、カリスギルス…。
前作で登場しなかったのが不思議なくらいでしたから、これは嬉しいチョイスです。
特にカリスは『ブレイド』におけるキーパーソンだったので、ギャレンより先に登場すべきだったのではないでしょうか?
サガやサソードなどは、個人的に思い入れがないライダーなので、「はぁ…まあ、いいんじゃね?」みたいな感じですが、どんどんライダーが増えていくのはファンにとっては嬉しいことです。
それよりも昭和ライダーを集結させる方が先かと思うのは、僕だけでしょうか?
もちろん、フォーゼは全ステイツに変身可能となりました。

注目すべき点の2つ目は、新機能としてフリーラン機能が搭載されたということです!
バトルフィールドが前作よりも広大になり、さらにフリーラン(自由操作)が可能になりました。
横スクロールでのバトルは格ゲー的に当たり前なことなのかもしれませんが、僕はそれに対してイライラしていたんですよww
自由に動き回れないのが、たまらなく辛いため、格ゲーはいまいち好きになれないでいました。
そして、今回、この機能が追加されたことにより、僕のような我がままヤローも気軽にプレイすることが可能になった訳です!
これは嬉しい、ありがたいことです!
また、空中戦も可能になり、上下左右と自由な操作が楽しめます。

最後に3つ目ですが、“スーパー”感を出すために、今回、ライダーの声優を当時の俳優さんのボイスを当てるというファンサービスを展開する模様…。ただ、全員という訳ではないようです。
現在明らかになっている本人出演は以下の通り⇓⇓⇓

アギト賀集利樹さん
ブレイド椿隆之さん
カリス…森本亮治さん

まさかのアギト本人はヤバいですね!『劇場版ディケイド』にも出演していますし、ライダーに思い入れがあるのでしょうね。嬉しいなぁ〜。
そして、ブレイドには伝説の男・椿さんが声当て!今回もオンドゥル語を炸裂してくれるのでしょうか?
そしてそして、カリスも本人!森本さんは他ライダーにも出演していますし、ご本人もライダーファンということで…。
いや〜、ブレイド陣…ギャレン含め全員が本人ときましたね。優遇されすぎてワロタww
この他にも、ご本人追加などあるのでしょうか?
続報が楽しみです。
しかし、発売日が迫っているので、ちょっと期待ができないかもしれませんが…。

色々と楽しみな今回のクラヒ。今後も続報があると思われるので、随時お知らせしていければなと思います。
ということで、今回はここまで…では!
posted by ケンダマン at 23:59| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

PS2専用ソフト『仮面ライダー555』が何気にヤバい件


こんばんは、ケンダマンです。

先日、秋葉原でPS2専用ソフト『仮面ライダー555を購入しました。
ジャンルは格闘ゲームです。

早速プレイしてみたところ、なかなかやり応えのあるゲームでした。

まず、『クライマックスヒーローズ』シリーズとは比べ物にならないほど、グラフィックが良くできており、ビックリ!
ライダーたちの動きもしなやかで、プレイしていても肩が凝ることはありませんでした。

登場キャラクターは、仮面ライダーファイズ、カイザ、デルタ、そしてホースなどの主要オルフェノクが数体…。
ただし、ファイズ・ブラスターフォームはノーマルファイズからの変身ではなく、完全に別モノとして登場します。ちなみに、ファイズ・アクセルフォームはノーマルファイズからの変身となります。
どうやら、劇場版に登場したライダー・オーガとサイガは登場しない模様…。

一方、ゲーム内で流れているBGMはオリジナルに作曲されたもので、これまたカッコいい!
もともと、サントラは購入済みで把握はしていたのですが、プレイ中に聴くのもまたいいモノです。
相手HPが一定を過ぎると、処刑用BGM『The people with no name』が流れますww

隠しキャラを出現させるために、それぞれの条件をクリアするのに多少時間がかかりますが、それでもキャラ出現の際は、思わず「おお〜〜っ!」と声を上げてしまいます。

同じように、クウガ〜龍騎、ブレイド〜カブトまでのPS・PS2専用ゲームがあり、いずれそれらもプレイしてみようかと思っています。
ちなみに、クウガ、響鬼、カブトは既にプレイ済みww

一押しはカブトですかね?
フリーラン機能搭載で、フィールド内を自由に動き回れたり、クロックアップや必殺技なども完全に再現されていたりと、いろいろ嬉しいゲームです。
また、劇場版ライダーであるコーカサス、ヘラクス、ケタロスも登場するので、ファンにはたまらない一本ですよ!
現在カブトのゲームの市場価格は、半端なく高くなっています。(中古で4,000〜6,000円)
やはり、様々な機能が搭載されたものだけに、人気なのでしょうか?

というわけで、今回はゲームの紹介でした。
あまり、格ゲーには興味はないんですが、ライダーの文字が並ぶとつい手を出したくなっちゃう…。
もうすぐ、『クライマックスヒーローズ』の最新作『超クライマックスヒーローズ』が発売となります。
もう、どうせだから、予約しちゃおうかな?

…今回はここまで、では!
posted by ケンダマン at 22:09| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

友情に、壁はない


こんばんは、ケンダマンです。

一昨日、レイトショーにて『最強のふたり』という映画を見ました。

ジャンルはヒューマンドラマなのですが、心温まる良い映画だったと思います。

全身麻痺という難病を抱えたリッチな中年男性と、複雑な家庭で育った不良の若者との友情の物語で、笑いあり涙ありの…まさに“最強”の映画でしたよ。
年齢の差、貧富の差、そして障害の有無…それらを超える切っても切れない友情の糸は、美しいの一言です…。
みなさんも是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

さて、今回は珍しくここまでww
久々に特撮でもアクションものでもない映画を見て、心が洗われる気分になったので、これはと思い、ご紹介しました。
ネタバレ…じゃないよね、今の?

…では!
posted by ケンダマン at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

ケンダマンガ4コマ劇場・会長登場編


こんばんは、ケンダマンです。

ケンダマンガ4コマ劇場の時間がやって参りました。
というわけで、雑な絵ですが、新作3作品をご覧ください。

@会長の仕事

ケンダマンガ4.jpg


A…危機?!

ケンダマンガ5.jpg


Bバカにする女

ケンダマンガ6.jpg


今後も随時アップする予定です!
以上、ケンダマンガ4コマ劇場でした!
posted by ケンダマン at 19:08| Comment(0) | 自主制作映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

夏休みの想ひ出SPA 宇宙と地球と日本の守護神たち〜ウルフェス&ライダーステージ〜


ではでは、第二弾はウルフェスライダーステージ想ひ出を語っていきたいと思います。

と言いましても、この2つに関しては以前、別の記事で紹介したので、今回はイベントで激写した展示ブースの写真を解説していく形でお送りいたしますww

120809_1510~01.JPG

120809_1511~01.JPG


まずはウルフェスですが、会場内に入るとすぐにセブン親子がお出迎えしてくれます。
セブンマントとかかっけーし!
展示ブースの構成としては、セブンの歴史を古い順に辿っていくという形をとっています。
残念ながら、例のスペル星人回の紹介はされていませんでした。

120809_1516~02.JPG


キングジョ−さんがへらへらしています。再現されている海とおぼしき水たまりが異様に汚すぎる…。これはあれかな?緑茶風呂かな?

120809_1515~01.JPG


岩石から顔を覗かせるユートム君『……こっち見んなよ。』

120809_1513~01.JPG


宇宙の犯罪者・キュラソ星人も展示されていました。正直、怪人の印象が薄かったので、思い出すまで時間がかかりましたよ。それにしても、いい飲みっぷりだ!

120809_1518~01.JPG


ガッツ星人の罠にハマるセブン兄さん…。この構図…ちょっとシュールだな。ちなみに、僕が子供の頃、ガッツ星人のことを“納豆星人”と呼んでいましたww
理由は彼の首元の赤いボツボツが納豆に見えたから…。

120809_1518~02.JPG


最後にウルトラホークの発射台の再現ジオラマです。やっぱり、科特隊やらウルトラ警備隊やらのメカ発進シーンはいつみても燃えるものがありますね。嬉しい再現ジオラマです。

続いてはライダーステージの展示ブースの紹介をしたいと思います。
まず初めはこの最新ライダー!

120809_1210~01.JPG


ウィザード!目がないライダーにはもう慣れました。響鬼さんの影響で…。
とにかく、今回のライダーデザインはフォーゼと違って、原点に戻った感がありますね。ヘルメットの形も丸くなりましたし、角もちゃんと目立ちます。
しかし、変身ベルトが手形なのは、またまた凄いインパクト!響鬼といいキバといい、ライダーデザインがぶっ飛んでカッコ良い中で、ベルトだけをお茶目にする傾向は今でも健在のようです。

120809_1210~02.JPG


クウガファイズ…。ファイズ『キリッ』何、このポーズww
しかし、クウガはいつ見てもカッコいいなぁ。

120809_1211~01.JPG


アギトブレイド…。アギト『俺が先に行く』、ブレイド『あっ、ちょっ、待てよ!』……おもろい。

120809_1214~01.JPG


最後は安定のカブトディケイド。ポージングが被ってますねww
カブトならやっぱり『おはあちゃんが行っていた』ポーズでしょうに…。

ライダーステージイベントは、ステージがメインのイベントのため、展示物ははっきり言って少ないです。
やはり、ウルトラマンなどの巨大ヒーローのように、ジオラマ再現するにはちょっと迫力不足なのかな?
その点に関してが、ライダーの弱みなんでしょうね…。
ともあれ、夏休みは本当に充実した日々となりました。
来年もイベントが盛りだくさんだといいですな。

という訳で、『夏休みの想ひ出SP』はこれまで…では!
posted by ケンダマン at 22:01| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休みの想ひ出SP@ これぞ、技の継承と進化! 〜特撮博物館〜


こんにちは、ケンダマンです。

今回は『夏休みの想ひ出SP』と題しまして、僕の夏休みを写真と共に振り返ってみようという今日限りの限定企画をお送りしていきたいと思います。
まず、第1弾は「特撮博物館」の想ひ出について語っていきます。
なお、今回の企画はすべてネタバレ記事となっておりますので、これから行こうと思っている方は予めごご了承の上、お読みください。

特撮博~1.JPG


さてさて、「特撮博物館」、正式名称「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」は、東京都現代美術館で開催している期間限定の展覧会です。清澄白河駅より歩いて15分ほどのところにある建物がそれで、企画が企画なためか、大きなお友達で大賑わい!
特撮関連のイベントなのですが、内容が少々大人向けで、ヒーローうんぬんよりも、特撮技術の変遷やら進化といったコアなファンをターゲットとしたものとなっています。

展示は大きく4つに分けることができます。

まず入ると、東宝映画作品を中心とした展示物がずらり並んでいます。
90式メーサー殺獣光線車といった、当時撮影に使用されていたメカのミニチュアや装飾品など、東宝怪獣映画に登場した数多くの造形物が展示されています。
一際目を引いたのは、当時使用されていたメカゴジラ2(昭和版)の着ぐるみ…!所々痛んでいるのは、やはり妥協を許さなかった当時の特撮班の魂の傷痕なのでしょうか?ズッシリとした巨体が、また圧巻でした。

次に、お待ちかねの円谷作品ブースに突入します。
ここでは当時作品に登場したメカやマスク、そして飛行シーンに用いられるウルトラマンの飛行体ミニチュアなど…ウルトラファンにはたまらない展示ブースとなっています。
当時使用されていたものの他に、“修復物”というものも展示していましたが、これは何かが原因で破損もしくは損失したものを忠実に修復・補修したもののようです。いずれにしても、当時モノというだけあって、興奮せずにはいられません…!

そして、続いては大映・東映作品映画ブースになります。
規模的には他の2ブースよりも小さいため、「え?これだけ?」という感じもしないではないですが、ガメラの当時モノの着ぐるみや建造物のミニチュアなど、その内容濃度は高め!特に建造物の造形の細かさには、驚かされます。金属を木材で表現したり、建物の外観をそっくりそのまま作り出す技術は、まさに神技というべきもの!なお、このブースには円谷作品や東宝作品に登場した建造物のミニチュアも展示されています。…作品の数が数だけに、そればかりはしょうがない…。

さて、続いてのブースが皆さんのお目当てでもある巨神兵ブースです。
今回の展示会の目的は、昭和と平成の特撮技術の紹介と、それらの技術を結集させた古くも新しい映像の製作にチャレンジするというもの。そして、人類に降りかかる絶望の中で掴むわずかな希望をメッセージとした『巨神兵・東京に現る』の上映です。
映像そのものは9分という短い作品なのですが、その中にぎっしり詰まった圧巻の特撮技術と重くも美しいメッセージが込められた、最高の映像作品でした。
メッセージ性が高く、一回見ただけでは理解ができなかったのですが、何回か作品を見ているうちに漸く理解できる(?)ようになりました。(展示会には2回行きましたww)
つまり、あれです。【人間はこれまで多くのモノを破壊し、多くのモノを作ってきました。でも、それもまた壊れゆく存在で、それがいつになるのか誰も分かりはしません。それは突然やって来るのです。それでも、必死になって逃げ、生き延びようとするのであれば、それこそが人間本来のチカラであり、それは決して神ではコントロールできない人間唯一の証なのでしょう。】という訳です。東日本大震災の被災者にも向けられた希望のメッセージでもあるんですね。
映像自体を見ると、震災を彷彿とされる過激なシーンが数多くあるため、これに関しては賛否両論なのでしょうが、それでもこのメッセージは賛同するに値するのではないでしょうか?
とは言うものの、僕はメッセージよりも特撮技術の高さに着目したいんですがね…。
この映像制作のメイキングも別ブースで上映されていましたが、いやはや、さすがはプロですね。と言いますのも、今回のこの『巨神兵・東京に現る』ではCGを一切禁止という方向で話が進められたのだとか…。実際、ビームエフェクトにはCGを用いて表現していましたが、それ以外の特撮はすべて手作業!爆発から崩壊、はたまた巨神兵まで…すべてがアナログ方式で制作されています。
昭和っぽくしたくない、けどCG禁止…この条件の中でスタッフが試行錯誤する様子に、いち特撮ファンとしてエールを送ってあげたくなりましたww
僕も映画を作る際の特撮効果に悩みましたが…ここまでくると、プロというより、天才頭脳集団ですね。常に頭を動かしていらっしゃる。
これは、一見の価値ありますよ!

さあ、展示ブースは他にも、いろいろありましたが、何と言っても最後はミニチュアセットの中に入れるという夢の体験が待っています。
恐らく、展示してあるミニチュアは『巨神兵〜』で使用したものだと思われます。しかし、感動しましたね。撮影所にあるモノが目の前で見れるなんて思ってもいませんでしたから…。
というわけで、こんな感じ↓↓↓

120913_1513~01.JPG
120913_1515~01.JPG
120913_1511~01.JPG
120913_1539~01.JPG


いやいや、ヤバいですね!しびれますねぇ!

特撮博物館は10月8日㈪まで開催、料金は当日券で大人1,400円となっております。
これは特撮ファンなら訪れる価値大ですよ!

というわけで、第一弾はこれまで!
posted by ケンダマン at 14:51| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

ゆるきゃら、なう! 第2回・すがもん


こんばんは、ケンダマンです。

今回はゆるきゃら、なう!の第2回。
そして、今日ご紹介するゆるきゃらは僕の地元…の隣に生息する謎の鳥類・すがもんです!

basic.jpg


とういわけで、すがもんです。
何処となく、サンリオのペックルに似てますが、まあ、それは置いといて…

すがもんは豊島区巣鴨にある「巣鴨地蔵通り商店街」に生息するカモのキャラクターです。
彼は、元からこの巣鴨に生息していたわけではなく、謎のパラレルワールド「鴨の国」からやって来たとのこと!
鴨の国には、パステルカラーの鴨たちがワラワラと生息しており、なんと人間界に行くための秘密のトンネルが存在するという、衝撃の事実が…!
すがもんはこの秘密のトンネルを通って豊島区巣鴨にやって来たのだそうです。どこのモヤシ君だ…。
しかも、その人間界では普段見慣れたカモの姿に変身して生活しているというではありませんか!
もしかして、普段池や湖に生息しているカモたちは鴨の国からやって来た侵略者なのでしょうか?

ま、そんなこともないみたいです。
鴨たちが人間界に来るわけは、いわゆる「修行」のためだと言います。
すがもんも修行のために人間界に送り込まれたらしいのですが、その理由が意味不明…。
すがもんはマイペースでのんびりした性格のため、人間界でいうカモの姿に変身できないのだそうです。
そのため、人間界でカモになる修行をしにやって来ました。
色々つっこみどころがありますが、とにかく鴨からカモに変身するための修行の場が、人間界という訳なのです。
……なぜだ。向こうでやれよ。てか、鴨からカモになる意味は、鴨の国にとって意味があるのかい?
疑問はつきません。

さて、続いてはすがもん自身について解説していきましょう。
上の絵を参考にしてください。

まず、年齢は12才で性別は男の子、そして身長は100cmと、ちょっとデカめ。好きな食べ物は、みかん巣鴨地蔵通り商店街の食べ物だそうです。推しますね、商店街…。
ちなみに、嫌いな食べ物はネギ…。初〇ミク、涙目。

次に身体的特徴を3つご紹介しましょう。
第1に頭のコブっぽいでっぱり。これは寝癖だそうです。いやいや、どう見てもタンコブだろ…。鴨の男の子の間では、ツンツンとんがったヘアスタイルが流行りらしいのですが、彼の寝癖は強情で、どうやっても丸っこくなってしまうんだとか…ww
第2に、身に纏っている赤いはっぴ。いわゆる彼のトレードマークみたいなもので、これを着て仲間と一緒に商店街を盛り上げまています。その甲斐あってか、今や彼は巣鴨地蔵通り商店街振興組合おもてなし委員長にまで上り詰めた、ある意味における大物に成り上がったのです!この顔で委員長…ww
そして、最後に彼の羽の先。実はこれ羽じゃなくて、最早、!意外と器用らしく、商店街の仕事を見事にこなすスーパーハンドなのです!

我が町にもこんなに危険な…ゲフンゲフン…可愛いゆるきゃらがいたなんて…。
さらに調べると、彼、ツイッターもやってるらしいですね。

ユーザー名・@Sugamon_dagamo

顔に似合わず、いろんなことをこなす鴨なこったぁ…。
……ん?あれ?
……こいつ、マイペースでのんびりした性格なんだよな…。
ん?…もしかして、このプロフィールって…自分をよく見せるための…ゲッホゲッホ!

というわけで、今回は巣鴨地蔵通り商店街のイメージキャラクター・すがもんをご紹介しました。
それでは、今日はここまで…では!


PS・商店街入り口にはすがもんのお尻に触れるコーナーがあります。是非、触ってみてね!時折、屁もこきます(嘘)ww


参考ページ…http://sugamon.jp/
posted by ケンダマン at 23:14| Comment(0) | ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。